勤怠管理システムのメリット

subpage-img

多くの企業が2000年代までは押印による勤怠管理をしていたかと思います。出勤時刻と退勤時刻を記入し、それを元に人事部で管理をするという流れが一般的でしたが、勤怠管理システムの導入により、その管理の仕方は従来よりも大きく変わりました。



まず、勤怠管理システムは基本的にタイムカードの打刻ですので、出勤時刻および退勤時刻を記入する必要がありません。


全てシステム上での管理となります。


また、社員であれば他社への訪問など、頻繁に外出することもあるかと思いますが、それも勤怠管理システムを使えば、簡単に管理することができます。

All Aboutについて調べるなら、こちらをご覧ください。

全ての従業員の出退勤をシステムで管理できますので、とても楽です。また、欠勤や残業といった、イレギュラーな計算についても、システム上で簡単にできますので、手間がかかりません。



何よりも大きなメリットは、不正防止です。

結局のところ、タイムカードがないと何もできませんので、例えば同僚に不正に記入させたり、勤務時間内に早退した記録を残さないなど、そういったことができなくなっています。
打刻漏れで後から申請する場合もありますが、そのときもその理由は事細かく報告する必要があります。

そうして、勤怠管理システムを導入することが大企業では当然となっており、中小企業でも、比較的従業員数の多い企業は積極的に取り入れています。また、勤怠管理システムを導入することにより、人事部の管理コストも削減することができます。


top